(佐賀→熊本)マークアップエンジニアのググる生活

地方のWEB制作会社で働く、フロントエンドエンジニア。
HTML、CSS、JavaScript(jQuery)、PHP、Smary、EC-CUBE、WordPress、Movable Type等々で解らない時に、Googleで検索したら解決した話や、「閃いた!」などをほとんど自分用にメモとして残すブログです。

※URLがあったら元記事を参照推奨です!
※ほとんどの事は検証はしていますが、あくまでも参考程度にお願い致します!
※記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当ブログは責任を負いかねます。自己責任でよろしくおねがいいたします。

2017年12月

本日、独自ドメインを設定しました!

取得したドメインは、mhkkr.meです。
ブログはサブドメインのblog.mhkkr.meに!

自身のやる気向上とドメイン設定の経験などをやっておかないとダメかな…と思った次第。

ドメインはネットオウル運営のスタードメインにて。
https://www.star-domain.jp

最初はエックスドメインにて取得を考えてましたが、
https://www.xdomain.ne.jp/

エックスドメインの上位レジストラがネットオウルになったとのことで、
https://www.xserver.ne.jp/news_detail.php?view_id=2040

スタードメインにしてみました。
ネットオウルは初めて契約しましたが、管理画面が見やすいので、
利用時間は浅いですが良い印象です!

ライブドアブログとスタードメインの設定(携帯版は使わない想定です)は、
◆[スタードメイン管理]→[管理ドメイン一覧]→[ドメイン管理ツール]→[DNSレコード編集]→[レコード追加]の画面にて、
 ・ホスト名をサブドメインならblogなどを入力
 ・コンテンツはAレコードを入力(125.6.146.14)
  http://help.blogpark.jp/archives/52240385.html
これでスタードメインは完了。
◆[ブログの設定]→[ブログURL設定]の画面にて、
 ・独自ドメインを使用するにチェック
 ・PC/スマートフォン版にドメインを入力
これでブログの設定は完了。

反映されるまでの最短・最長時間はわかりませんが、
このドメイン・ブログの場合は20分くらいで切り替わってました!はやい!

そして特に嬉しかったのが、旧アドレス(標準の)でアクセスすると、
何もしなくても新アドレスにリダイレクトしてくれるところ。
こういうの、本当にありがたいです。


次はブログの見た目を頑張ろう('_')

久々にエディタを変更したい欲がでてしまい、何か無いかと思っていたところ、
過去にEmEditorの永久ライセンスを取得していたことを思い出しました。
なんと約8年も前の2010年に!

永久ライセンスなので、そのまますぐに使えるのかな??と思い、
まずはダウンロードそして登録キーの入力しましたが、
古い登録キーは上手くいきませんでした。

購入方法 https://jp.emeditor.com/#purchase のページに、
「保守プランを延長するには、登録キーを入力してください」とあるので、
そこからアップデートできるのか?と思い試してみましたが、

古いバージョンの登録キーが指定されました。v14、v15、v16、または v17 の登録キーを指定してください。

と、弾かれてしまいます。
文面からしてアップデートのようなものではなさそうですね。。。

すこし難解になってきたので、お問い合わせ先を探していたら、
メニューバーのサポートの中に、「登録キーを再送」というページを発見!
https://support.emeditor.com/send_keys.php?lid=2

実際に、古い登録キー(バージョンはなんでも良いっぽい)を送信してみると、
購入に使用したメールアドレスに新しい登録キーが送付されました!

これで無事最新のEmEditor(v17)が心置きなく使えるように。
永久ライセンス、ありがたや!



今回も2系の話になります。

EC-CUBEはSmartyというテンプレートエンジンを使用しています。
基本的にはurlなどの見た目通りの場所にtplが存在しているので、
作業の前にどこの階層のどのフォルダにあるな、ということが容易に想像することができます。

しかし、プラグイン等ではその当てがたまに外れることがあります。
特にファイルをいくつか複製する処理が入るタイプのものは、
同じ内容のtplファイルが3つぐらいサーバー上に生成される場合も…。

そのため、
編集したのに反映されない!
→そこのファイルじゃないよ…。
キャッシュファイルの影響かな?
→templates_c内のtpl.phpを削除しても微動だにせず。
という作業を繰り返す羽目になったり。

1つだけならどこを編集したらよいか、
すぐにわかりますが、複数だと非常に混乱します…。

そんなときに、どのファイルを編集するとよいかは、
templates_c内のtpl.phpファイルを見てみると本来のファイルパスが一目でわかります!

templates_c内のtpl.phpファイルをエディタで開くと、
phpのコメントで2行目に「compiled from」と書かれています。
~からコンパイル…とのことで、その横にファイルパスが書かれています。
つまりそのファイルパスのtplを元にしてtpl.phpを作ってますよといことです。

ということでそのファイルパスを辿って、編集するべきtplを簡単に特定することが可能になります!

これでもう迷わない…はず…。

ぐぐって出てくる情報でも基本的にはなるが…
・ログイン時に真っ白の画面にエラーコードだけになったり
・プラグインによっては参照してくれなかったり
などなど、よろしくないことになるので、自分用にまとめです。

2.13.5 で基本的に確認してますが、
2.13.x 系ならたぶんいいはず…。


■管理画面
[システム設定>パラメーター設定]
・TEMPLATE_NAME テンプレート名
・SMARTPHONE_TEMPLATE_NAME スマートフォンテンプレート名

これらの値を同一にする。
デフォルトの場合は"default"になり、
オリジナルの場合は"オリジナルのテンプレートコード"の名前になる。

これだけでもEC-CUBE標準で備わっているページは対応できるが、
追加したページの場合はスマートフォンでメインエリアが読み込まれなくなるので、
下記のコードが必要になる。


■SC_Display_Ex.php

/**
 * 端末種別を判別する。
 *
 * SC_Display::MOBILE = ガラケー = 1
 * SC_Display::SMARTPHONE = スマホ = 2
 * SC_Display::PC = PC = 10
 *
 * @static
 * @param          $reset boolean
 * @return integer 端末種別ID
 */
public static function detectDevice($reset = FALSE)
{
    return DEVICE_TYPE_PC;
}

extendsではない方では、ifで分岐してあるが、
必要ないのでストレートに PC のみを返却するように変更する。


これで大丈夫なはず・・・。

このページのトップヘ