本番環境にある EC-CUBE3 の環境を、
新しく作る開発環境へコピーしてくる、私的メモです。

@本番環境
・データベースをエクスポート
・商品画像 upload/ をダウンロード
・(本体カスタマイズをしているなら) src/Eccube/ をダウンロード
・プラグイン app/Plugin/ をダウンロード
・テンプレート app/template/ をダウンロード
・設定ファイル app/config/eccube/config.yml の auth_magic をメモっておく

@新しい開発環境
・まずは普通に EC-CUBE3 をインストール
・ダウンロードしたモノを各所に上書き
・設定ファイル app/config/eccube/config.yml の auth_magic をメモったモノにする
・データベースのテーブルを一度すべて削除して、エクスポートしたデータをインポート
・オーナーズストア>テンプレートから使用するテンプレートに選択し、コンテンツ管理のキャッシュを削除を実行
↑↑ ここまででとりあえずは見れるようになると思います。

(プラグイン)
・有効化になっているものの、認識がされていない状態です。
・上でダウンロードしたモノが入っている状態で、何か一つのプラグインを無効化→有効化すると、一括で認識されて使える状態になります。
・クレジットカードのプラグインは削除しておいたがいいかなと思います。
↑↑ これでプラグインも対応できます。


これで問題なく動作いたしました。
あとは、設定のメールアドレスを変えたりなどをお忘れなく。

開発環境→本番環境でも基本は同じだと思うので積極的に楽していければと思います!


↓↓ 今度はこれを試してみたい!

ビルトインウェブサーバーで簡単環境構築