レンタルサーバーの場合、WordPressやEC-CUBEなどのメジャーなCMSは、
自動インストールなどのワンクリック操作で可能だが、
それが無い場合は、各種公式サイトよりダウンロードし、
解凍後、FTPなどでアップロードすると思いますが…。
解凍後のファイル群は容量が多く時間がかかります。

そこでダウンロードした際に、Zipやtar、gzなど圧縮形式のままアップロードできないかと、
思っていたところ、WinSCPにはその機能があるとのこと!
http://xoops.ryus.co.jp/modules/d3blog/details.php?bid=304
↑で書いてある通りに操作してみるものの、「UnTar/GZip」がクリックできない…。

もしやFTPだからダメなのかな?と調べてみると、
https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=en&sp=nmt4&tl=ja&u=https://winscp.net/forum/viewtopic.php%3Ft%3D8638&xid=17259,15700021,15700124,15700149,15700168,15700173,15700186,15700189,15700201&usg=ALkJrhiM3r5zhuseDWr9lgcMD5J_ZvhoHw
思った通り、FTPではなくSFTPやSCPなどのSSH接続ではないと、
使用できない機能でした。

ということで、FTPをやめて、SFTP接続を試みました。

XSERVERを使用しているため、
基本的なやり方はググると良く出てきます。
https://lab.maro-log.net/post-3935/
https://nelog.jp/xserver-winscp-sftp
↑の通りではありますが、最後のWinSCPのセッションの設定で、
ちょっと奔走したので下記にメモします。

・転送プロトコル → SFTP
・ホスト名 → サーバードメイン
・ポート番号 → 10022
・ユーザ名 → サーバーID
・パスワード → 空欄

sftp



これでめでたくSFTP接続が可能となり、
リモート先で「UnTar/GZip」のコマンドをクリックできるようになり、
圧縮ファイルの解凍が可能となりました!嬉しい!